認知症 福岡県認知症医療センター認知症地域医療連携協議会を開催致しました!!

2016年9月20日

 平成28年9月9日、当院・6階グランドホールにて、 平成28年度 第1回認知症地域療連携協議会を開催致しました。

本会議は、認知症医療センターの役割の一つである、地域連携の推進を図る為に、開催させて頂いたものです。今後、本会議を通じて、認知症の方々が安心して地域で生活できるように、関係機関の皆様方と顔の見える関係を構築し、それぞれの機関が担う役割を認識していくことを目指しています。

認知症の方々の支援に携わる方々をはじめ、地域住民の方々など20機関37名の方々にご出席頂きました。今回、人事異動等により、半数以上の委員が新任という形での協議会でした。

また、今回は、緑風会水戸病院の認知症医療センター専門相談員で、精神保健福祉士の深藏恭子様、福岡県からの要望により、若年性認知症支援コーディネーターである、中村益子様(所属:認知症の人と家族の会福岡県支部)もオブザーバーとして参加して頂きました。

 会議後のアンケート結果では、グループ討議は、様々な立場の人の意見が聞けて、勉強になったという意見が多かったです。グループ討議では、話題提供いただいた、公益社団法人 認知症の人と家族の会 福岡県支部 内田秀俊様の話しを受けて、家族会の中で多く相談が寄せられている事項である、遠距離介護、(認知症のことを)近所の人に知られたくない、運転免許の話題から一つを選び、グループ討議を致しました。

全体的には、9割以上の方々が大変満足、満足との回答を得ましたが、「もう少し時間に余裕があれば良いと思います。」といったご意見、ご要望を頂き、会議の時間について検討していく必要性について感じた次第です。

 併せて、認知症医療連携協議会のあり方に関しても、7割以上の方が現状維持の声を頂きました。次回は平成29年2月17日金曜日に開催予定の運びです。

 会議に参加して頂いた皆様方、本当にありがとうございました。今後とも皆様方のご協力、ご支援の程よろしくお願い致します。

オブザーバー参加をご希望の方もお気軽にご相談ください。事前のご相談をお願いいたします。

会議の様子は以下のPDFをご覧ください。